イベイドボーナス&イベイドカウンター実装!アップデート情報!

皆様こんにちは。
オルクス運営チームです。

8月8日メンテナンス時にアップデートが行われました!

イベイドボーナス、イベイドカウンターの実装になります。
※アップデートの事前告知で「ジャストカウンター」と表記されていた機能は、名称を「イベイドカウンター」に変更しました。

■イベイドボーナス、イベイドカウンター開発コンセプト
ノンターゲッティングMMORPGならではのアクション性を活かし、
回避(ガード)のタイミングに成功・大成功を設けることで
より戦略的な戦闘を楽しめるようにいたしました。
シビアにタイミングを追求することでより高い恩恵を得ることができます。

■イベイドボーナス

モンスター・他プレイヤーからの攻撃に合わせてタイミング良く「回避」または「ガード」することでイベイドボーナスを得ることができます。
※シノビの場合はタイミング良く「変わり身の術」を発動させた場合となります。
イベイドボーナスはコンボボーナスと同じく「与ダメージ上昇効果」を10秒間得ることができます。
回避またはガードのタイミングが良いほど高い恩恵を得ることができます。

▼ダメージ上昇倍率
・Just Evade:Damage +50%
・Great Evade:Damage +20%
・Good Evade:Damage +10%

コンボボーナスとイベイドボーナスの上昇倍率は合算となります。
【例】コンボボーナス50% + イベイドボーナス50% = Damage +100%

■イベイドカウンター

一部ミッションのボスモンスターからの特定攻撃を回避・ガードすることで発動する強力なカウンター、それが「イベイドカウンター」です。

①発動対象の攻撃について

一部ミッションのボスモンスターに、目が赤く光る強力な攻撃「フィアスアタック」が実装されました。
この「フィアスアタック」に対して、タイミングよく回避ボタンを押し、回避・ガードを成功することで、強力なカウンター攻撃「イベイドカウンター」が発動します。
※通常フィールドやギルドミッションのモンスター、相手がプレイヤー(アリーナ)の場合は発動しません。
※フィアスアタックを使用するボスは今後増加を予定しています。

②それぞれの効果と発生タイミングについて
「イベイドカウンター」にはランクが2種類あり、それぞれ「Great Counter」「Just Counter」と呼ばれます。

▼Great Counter

Great Evadeと同じタイミングでフィアスアタックを回避・ガードすることで発動します。

▼Just Counter

Just Evadeと同じタイミングでフィアスアタックを回避・ガードすることで発動します。
Great Evadeよりはるかに高いカウンターダメージを与えられる他、特別な演出が発動します。
※系統別(基本職4職、EX職4職)に計8種類、演出が用意されています。
※演出は発動したキャラクターのみ見ることができます。

※Good Evadeに対するイベイドカウンターはありません。

③イベイドカウンターの仕様について
イベイドカウンター中は回避の扱いとなり、イベイドカウンター後しばらくの間も回避状態となります。
また、イベイドカウンターは発動後にCTが発生します。
※Just Counter、Great Counterで共通したCTとなります。

④スキルとしての「イベイドカウンター」
上記の実装に伴い、初期スキルとして「イベイドカウンター」が習得済みの状態となります。
「イベイドカウンター」はスキルLvを上げる事で威力上昇、CT短縮が可能です。
※装備やスキルによるCT短縮効果はありません。

▼イベイドカウンターLv1時の効果
CT:90秒
Just Counter:900%ダメージ
Great Counter:300%ダメージ

■今後の予定について
イベイドボーナス、イベイドカウンターの練習ができるよう、
トレーニングルームに機能を追加予定です。

また、今回のアップデートに伴い、動画も用意いたしましたので、
こちらも合わせてご確認ください!

>>> YouTubeで観る <<<

以上が主なアップデート情報となります。
それではオルクスオンラインをお楽しみください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">